ネキシウムで胃腸快適

ネキシウムと胃腸の調子が悪い女性

ネキシウムをご存じですか?私も胃腸の調子が悪くてネキシウムを服用していますが、この薬を飲むようになってからかなり胃腸の調子がいいです。胃酸を抑えてくれるので、朝を起きた時の苦痛感が減りました。それではネキシウムについて紹介していきます。

ネキシウムの特徴と注意点

ネキシウムは逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの胃酸過多が原因で起こる病気の治療薬として使われています。
これらの病気は強い酸性の液体である胃酸が過剰に分泌されて、食道や胃、十二指腸が傷つくことで起こるもののため、胃酸の分泌を抑えるネキシウムが処方されます。
また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの原因となるともされるピロリ菌を殺菌する際にも抗生物質の効果を高くするために使用されています。
ネキシウムは効果が高いのが特徴で、逆流性胃腸炎や胃潰瘍などの第一選択薬として使用されているのですが、効果が高すぎるため長期間での服用ができません。
6~8週間程度処方されたら、別の薬に切り替えることになります。
ネキシウムを服用するときの注意点としては他の薬との飲み合わせです。
抗エイズウイルス薬と一緒に服用するとその作用を弱めてしまうため、抗エイズウイルス薬を優先して服用しなければなりません。
またジギタリス系の強心薬や免疫抑制剤、抗血栓薬、抗てんかん薬など多くの薬で血中濃度をあげて作用を強める恐れがあったり、逆に抗真菌薬、抗悪性腫瘍薬の一部に血中濃度を下げて作用を弱めてしまう働きがあります。
他にも多くの薬がその作用を上げたり下げたりしてしまうため、現在服用している薬を医師に告げてから処方を受けるようにする必要があります。
また、セントジョーンズワートを含んだサプリメントなどもネキシウムの働きを弱めてしまう作用があるため、一緒に服用することはやめるようにします。
副作用はあまりないと言われていますが、頭痛やめまい、軟便、下痢などが起こったり、人によっては肝機能の数値に異常が現れたりすることがあります。
普段と違うことがあれば医師に相談するようにしましょう。